痩せるためには禁酒が必要なの?アルコールとダイエットの関係とは

ダイエットをする際にはやはりある程度食事を制限することが必須になってきますよね。

痩せるために我慢すべきものとして挙げられるのは、揚げ物やピザなどの高カロリーなメニューのほかスナック菓子やチョコレート・ケーキなどのスイーツ、そしてお酒などですね。

この中でも、毎日晩酌が欠かせない!という人にとっては、お酒を我慢するのは至難の業なのではないでしょうか?
実際のところ、痩せるためには必ず禁酒が必要なのでしょうか?ここでは、アルコールとダイエットの関係に迫ってみました。

アルコールはカロリーがない?

「エンプティ(空っぽの)カロリー」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。そう、お酒好きな人が良く口にする、「お酒にはカロリーが無い!」というものです。
ただこれはアルコールに全くカロリーが無いという意味ではなく、人間の体に必要な(役に立つ)カロリーがほとんど無い…という意味です。なので、カロリーがゼロというわけではありませんし、飲みすぎれば当然余ったカロリーは脂肪として蓄積されてしまいます。

それに、お酒にはアルコール以外に糖分なども含まれていますよね。糖分の多いお酒としてはビールや日本酒のほか、甘いカクテルなども挙げられますので、特にこういったお酒の飲みすぎは要注意ですよ!

つまみで太る!

お酒を飲むと太るというのは、お酒そのもののカロリーもそうですが、アルコールの食欲増進作用によってついついつまみを食べ過ぎてしまうことによります。
ある程度食欲がアップするのは仕方ないですが、太らないようにするためにはつまみの内容を見直すことが重要ですね。

カロリーが高く脂質・糖質の多い揚げ物などは当然NGつまみです。
おススメのつまみとしては、枝豆や刺身、焼き鳥、豆腐などが挙げられます。単に低カロリーなものというだけでなく、肝機能を活性化させてくれるタンパク質が豊富に含まれたものを食べるのがポイントですよ。

お茶やお水を飲みながら

お酒を飲んだ翌日はむくんでしまう…という人も多いはず。
これを防ぐには、お酒の合間に、利尿作用のある緑茶やミネラルウオーターなどをたっぷりと飲む事がおススメ。
こうすることでアルコールの代謝も促進され、翌日むくみにくくなりますよ。

アルコールとダイエットの関係まとめでした

ここでは、痩せるためには禁酒が必要なのかどうかについてまとめてみました。
ダイエット中も適度にお酒を楽しむことで、ストレスを適度に解消することができますね。
ただ、もちろん飲み方には十分気を付けて下さいね。

関連記事☆彡