脱毛時の痛みはどれくらい?気になる刺激と緩和のポイント

脱毛サロンや医療機関での特殊な可視光線を利用した脱毛では、表面に生えているものを剃るだけではすぐに再生してきてしまうムダ毛を、根本的に減らしていくことが可能です。ただ、施術にはある程度の痛みを生じることになります。

どの程度の刺激になるのか不安に思って、施術を躊躇しているというかたも少なくありません。

脱毛の痛みは弾かれる程度

光を使った脱毛方法の場合、ムダ毛のメラニン色素に反応をして高熱を発することで、ムダ毛と接する肌も一瞬その熱さに刺激を感じます。その程度は出力ごと、施術を受ける人の痛みに対する耐性によっても異なってきますが、ゴムに弾かれたようだと表現するかたが少なくありません。

特に痛みを感じやすいのが皮膚が薄くてムダ毛が濃いワキ、VIOラインなどですが、いずれも後に残るものではなく、照射される一瞬のみのものです。

痛みが気になるなら脱毛サロンがおすすめ

脱毛は使われている機器の出力が高く、脱毛効果が高いほど痛みを生じやすくなります。そのため、医療機関のレーザー脱毛のほうが痛みを感じやすい傾向にありますので、出力が弱い分完了までに施術回数が多くかかってしまいますが、刺激を避けたいのであれば脱毛サロンでの施術がおすすめです。

ただ、追加料金がかかりますが、医療機関の場合には必要に応じて麻酔クリームを利用した上での施術も受けられますので、考慮しておくといいでしょう。

しっかりと保湿ケアを行うのがポイント

脱毛時の痛みは、肌のバリア機能が衰えて外部刺激に弱くなっていると特に感じやすくなります。ですから、肌の調子を整えるためにしっかりと保湿ケアを心がけ、肌の水分量を十分な状態にしておくことで、痛みを緩和させることが可能です。

特に施術期間中は光の影響で肌が乾燥しやすい状態になっています。化粧水やボディクリームなどを利用してコンディションを保つようにしてください。

痛みは徐々に減っていく

施術が進んでいきムダ毛の量が減ってくると、照射範囲に反応するムダ毛の割合も減ってほとんど何も感じなくなっていきます。

不安があれば、スタッフに気軽に相談をしてください。脱毛サロンや医療機関では利用者が快適に施術を受けられるようにさまざまな配慮をしていますので、覚悟していたほどの痛みはなかったと感じるかたも少なくありません。出力を弱めるなどの対処をすぐに行ってもらえるので安心です。

関連記事☆彡